言の葉・・・日々感じたこと 日々感じたことを綴りたいと思います。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
春待月
2007-12-04 Tue 18:23
-月初めのご挨拶が遅くなりました。-

12月。別名春待月と言うそうですが、本当に名前の通り毎日が、春が待ち遠しいくて仕方がなく感じるほど、寒い日が続いております。みなさん風邪など召さぬよう体調には充分御留意下さい。

さて、いよいよ2007年度も残すところ1ヵ月となりました。今だからこそ、やり残したことはないか、そのやり残したことをひとつでもやり遂げようと考えております。

もう1ヵ月と考えるよりもまだ1ヵ月と考えたいと思っております。12月31日まで理事長職を全うさせて頂きたいと思いますので、変わらず御協力の程宜しくおねがいいたします。

「難しく考えだすと 結局全てが嫌になって
 そっとそっと 逃げだしたくなるけど
 高ければ高い壁の方が 登ったとき気持ちいいもんな
 まだ限界だなんて認めちゃいないさ」
(終わりなき旅 by Mr.children)



スポンサーサイト
別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
紅葉
2007-11-01 Thu 15:43
例年より気温が高いため、紅葉前線の南下も少しスピードが遅いようですが、そろそろ我々のまちの宝でもある金勝山も赤や黄色に色付き始めるのではないでしょうか。

「紅葉というのは、枯れていく過程に起こる事なのです。季節がしだいに冬に向かい気温が下がり日照時間が減ると、樹木の水分吸収力が低下して葉まで水分が行かなくなります。そうすると葉元と枝の間に「離層」という組織が出来て、水分や栄養分の行き来を止めます。
栄養分をもらえない葉は、緑から黄色へ、橙色、オレンジ、赤へと移り変わり、その一生を終えます。緑から、正反対の赤に変化するというのは、まさに自然のマジックです。
葉っぱの命が終わりを迎えて葉を落とす直前に見せる紅葉は、ドラマティックな命の輝きともいえます。そのさまに、人は感動を覚えるのでしょう。」(yahoo!知恵袋より)

2007年度社団法人栗東青年会議所も残すところ後2ヵ月に成りました。今最終対外事業を控えている、また本年度に成果の検証に入っている中、最終最後の輝きを放つべく各メンバーは色付き始めているのではないでしょうか。その輝いている姿に本当に感動を覚えさせていただいております。

そして、2007年度が最終の輝きを放とうとしている今。次年度に向けて1月に沢山の新芽を芽吹かせるべく、今2008年度チームは一生懸命、種を植え水を与えていただいているのではないではないでしょうか。

大変新旧交錯する忙しい時期になっておりますが、「最も大切なことは、最も大切なことを最も大切に思い、行動することである。」その思いを胸に頑張っていきましょう!!

別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
神無月-10月
2007-10-01 Mon 17:33
神無月-子どものころは、出雲大社に神さまが集まるため地方に神さまがいなくなるから「かみなしつき」と言うんだよと、教えられてきました。しかしながら、これは中世以降出雲大社の御師が広めたそうで、10月は翌月の新嘗祭(にいなめさい)の準備として新酒を醸(かも)す月、すなわち「醸成月(かみなんづき)」の意からきており神無月は当て字だとする説が有力です。(PLANT A TREE PLANT LOVE)

当LOMでも、2007年度の成果に感謝する12月例会の議案が理事会に提案される時期になって参りました。

先月は、まちの宝探し事業「来て、観て、走って、飛んで!体感!栗東の自然 金勝山」を開催させていただき、多くの市民の方々に栗東のオンリーワンを体感していただけたのではないでしょうか。そして、今後参加された方が、お知り合いに色々な方法で発信して頂けるものと確信しております。また、この事業は、NHK、e-radio、そして中日新聞と各種メディアにも取り上げて頂き、我々主催者としても胸を張って誇れる事業となりました。

今月は、10月8日に子ども達の健全なる成長を願い、第5回となる「栗東ドッジボール大会 2007」を開催させていただきます。既に各小学校毎に練習が開始され、当日の勝利に向けチームの団結を図って頂いているところでございます。是非とも子ども達の雄姿を見に栗東市民体育館にお越し頂けたらと思います。またこの大会多くの市民の方々にスタッフとして御協力、そして多くの企業様より貴重なる御浄財を頂いて成立しております。子どもたちの未来を大事に思って頂いていることに感謝すると共に、この輪をもっともっと広げていけたらと思います。

ようやく、残暑も緩みはじめ、寒暖の差が激しい時期となってまいりました。ブログを御覧の皆さんもお身体には充分御自愛頂けたらと思います。僕も気を緩めることなく再加速していきたいと思います。



別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
September
2007-09-04 Tue 13:41
朝晩は、めっきり涼しくなり秋の気配を感じますが、日中はまだまだ暑い日が続いております。体調には充分御留意頂けたらと思います。

さて、2007年度(社)栗東青年会議所は、いよいよ後半戦、各種事業を控えそれぞれの立場でJC活動、運動を満喫しておられるかと思います。

その様な中、「自分だけが大変だ」と感じてしまっていることはないでしょうか?ひとりで抱えこまないでください。周りを見わたすとあなたを支えてくれる、そして目標に向けて一緒に頑張ってくれる仲間がいるはずです。

なかなか大きな声で態度で表しておられないかも知れません。でもみんな心の中で囁いているはずです。その囁きを大きな声に変えていくよう、行動していきましょう。その声はきっと「笑顔(晴れ)」を創り出すはずですから。

『Oh,baby.no,maybe.
 「愛」失くして「情」も無い?
 嘆くようなフリ
 残るのは後悔だけ!!

 Oh,baby.Smile baby.
 その生命は永遠じゃない
 誰もがひとりひとり胸の中で
 そっと囁いているよ

 「明日晴れるかな・・」

 遙か空の下   (明日晴れるかな by桑田佳祐)』




別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
JCの熱い夏
2007-08-02 Thu 14:06
台風が近づいてきており、外は凄い風が吹きあれていますが、夏本番となってきました。

昨日は、滋賀ブロック協議会歴代ブロック会長懇談会が野洲の地で開催され、次年度ブロック会長を輩出するにあたり、一言ご挨拶に寄せて頂きました。

膳の席に多くの歴代ブロック会長がお座りになっている中、また三つ指を突きながらご挨拶するというもの凄く緊張する中でした。

「次年度ブロック会長を輩出するにあたり、社団法人栗東青年会議所を代表して一言ご挨拶申しあげます。次年度ブロック会長をさせて頂く西田君はJCが大好きです。そして、JCに関わる"ひと"が本当に大好きです。今彼は、ブロック会長をさせて頂くにあたり、彼の様なメンバーを一人でも増やしたいと思っております。そのような彼の思いを叶えるべく、LOMはサポーターとして全身全霊を持って頑張らさせて頂きます。.....」

のような挨拶をさせて頂きました。

LOMでも次年度理事長、監事が決定され、いよいよ「JCの熱い夏」が繰りひろげられようとしております。

"個"が単に集まるだけでは烏合の衆であり、融合したりお互いをおもいやらなければ"全体"にならないと言われております。

誰かが誰かをおもいやりをもって支える。支えられた者は、そのおもいやりに答えるべく精一杯全力で頑張る。そんな関係が素晴らしい組織へと繋がっていくのではないでしょうか。

今週末には、市民1万人以上が集まる「栗東市民なつまつり」が開催されます。ただ単に集まるだけではなく。市民同士が思いやりの心で繋がる。沢山の「笑顔」が咲く。そんななつまつりになる様メンバー一丸となって頑張っていきましょう。

※昨日は、歴代ブロック会長懇談会のことで頭一杯だったため、一日遅れの月初めの挨拶になったことをお許し下さい。
別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
穂含み月
2007-07-02 Mon 11:03
7月の旧暦を文月(ふみづき、ふづき)と呼びます。文月の由来は、稲の穂が脹らむ季節で「穂含み月」から来ている説があります。

一昨日の「合同研修」ならびに「公開討論会」においては、沢山のメンバーの頑張りを見させていただきました。事業を迎えるまで、沢山の苦労があったかとは思いますが、みごと実を結ぶことができたのではないでしょうか。「日本の力」実践運動推進会議の福島委員長・宮幹事・田中君、ブロック運営委員会の小山君、湖国の商道徳推進委員会の吉川君、ビジネス委員会の密山君、そして事業に参加することにより出向者を支援していただいたメンバーのみなさまありがとうございました。

昨日も多くの頑張りを見せていただきました。野洲の地で「褒賞公開審査」が行われました。総務委員会を中心にどこにも負けない申請書類を作り上げ、その出来に報いようと、精一杯プレゼンをしていただいた昨年の担当委員長である駒井副理事長ありがとうございました。

そして、夕刻より行われた「選挙管理委員会」においては、書類審査、面談等の後、正式に第38代ブロック会長予定者として、西田雅彦君を全会一致でご承認いただきました。メンバーを代表してその瞬間に立ち会わさせていただいたことは、本当に光栄であり、栗東JCメンバーすべての力でご承認いただけたものと確信しております。

今まさに、栗東JCという大地に播かれたたくさんの種が、いろいろな議論や経験により、穂が膨らみはじめているのではないでしょうか。これから本格的に「JCの熱い夏」が始まります。沢山のJAYCEEの穂を大きく大きく実らすために、メンバー一丸となって手をつなぎスピードを上げていきましょう。
別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
私はあなたがたにきっかけを与えているのです。私はあなたがたのドアをノックしています。
2007-06-01 Fri 13:46
昨日、3クラブゴルフコンペを開催させて頂いた際に、ライオンズクラブさんより本日が「ヘレンケラーデー」であることを教えて頂きました。

どのようなきっかけで制定されたかのか興味をいだき解説文を読ませて頂いた中で、ある言葉が心に響きました。

「私はあなたがたにきっかけを与えているのです。私はあなたがたのドアをノックしています。」

自分自身の扉を色々な人が、色々な機会がノックしてくれているはずです。そのノックに答えていることが出来ているでしょうか....。

今月から沢山の研修の機会があります。すこしだけ無理をしてノックに答えに出掛けませんか?

 



追伸:ブログの新機能で「拍手」をつけました。もし記事が気に入ったら「拍手」してやってください。励みになります。
別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
5月・・サツキ、メイ
2007-05-01 Tue 15:08
5月、皐月・・・。「さつき」は、この月は田植をする月であることから「早苗月(さなへつき)」と言っていたのが短かくなったものである。また、「サ」という言葉自体に田植の意味があるので、「さつき」だけで「田植の月」になるとする説もある。日本書紀などでは「五月」と書いて「さつき」と読ませており、皐月と書くようになったのは後のことである。また「皐月」は花の名前となっている。(wikipediaより)

サツキ、メイと言えば、うちの子どもも大好きな、スタジオジブリの名作「となりのトトロ」を思い浮かべます。

高度経済成長によって失われる前に存在した日本の自然の美しさと子どもにしか見えない世界の不思議さと怖さとを想像力豊かに描かれ、なんとも幸せな気持ちにさせてくれます。

栗東にも、近代的な部分と自然の豊かな部分が混在しています。この季節、目線を変え、栗東の「トトロ」を探しに出掛けてみるのも良いかもしれませんね。
別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
Venus
2007-04-01 Sun 09:00
4月、April・・・気象庁の開花予想では、もう桜が咲く頃でしたが、三月下旬の寒の戻りで、もう少しつぼみが堅いようです。また、インフルエンザが、猛威を奮っています。体調管理には充分気をつけていただけたらと思います。

さて、4月を意味するAprilは、ローマ神話の美の女神ウェヌスに相当するラテン語のAprilisにちなんでいると言われています。(Wikipediaより)

また、ウェヌス(日本語では英語読みヴィーナス)は「魅力」という意味もあるそうです。(Wikipediaより)

誇りと自信に溢れた市民こそが主導権を握り、まちに対して行動を起こしていくきっかけとなればと思い、3月私どもは、「公開討論会」を開催させていただきました。

「魅力」あふれるまちと感じて貰うため、また自らも感じるための今回の行動は、まだまだ堅い「つぼみ」かもしれませんが、「生涯暮らしたいまち」の創造という、いつか綺麗な桜を咲かせることとなればと感じております。

また、4月には、32年目を迎える「新入学児童写真撮影」を市内の新小学1年生を対象に実施させていただきます。この子ども達もまだまだ、「つぼみ」だと思います。今の時代だからこそ生きていく「魅力」を存分に感じれるよう、われわれ親が、地域がそして先生方や多くの人々が見守り、支え、一緒に育って行けたらと思います。

「消えそうに 咲きそうな 蕾が 今年も僕を待ってる 今もまだ 掴めない あなたと描いた夢
 立ち止まる 僕のそばで 優しく開く 笑顔のような 蕾を探している 空に」(「蕾」by コブクロ)


別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
夢見月
2007-03-01 Thu 13:50
3月、弥生・・・草木がいよいよ多い茂る月となりました。今年は暖冬でしたので、あまり冬と言うものを感じませんでしたが、本当に春がそこまで来ているように感じる今日このごろです。

3月は、別名「夢見月」という呼び名もあるそうです。夢見草の咲く月。夢見草とは桜のことだそうです。旧暦での呼び名ですので、少し早く感じますが、なんとも風流ではありませんか。

桜と言えば、少し前に「ドラゴン桜」という東大受験を題材にしたドラマがありました。その中で主人公の先生が

「世の中に、最初から超えられない壁なんてねぇんだ。だから、どんなことにも出来ないという先入観をもつな!」

生徒達に話し掛ける場面がありました。

当たり前のように、いろんな形で使い古された言葉かもしれません。

今、いろいろな状況の中、卑屈になってしまったり、後ろ向きになったりしていませんか?

前を見ましょう!!そうすればそこにはきっと綺麗な「桜」が咲きほこっているはずですから。
別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
如月
2007-02-01 Thu 10:35
2月を迎えましたが、日中は、例年になく暖かい日が続いていますが、朝晩はまだまだ冷えこみます。インフルエンザも猛威を奮いだしたということで、体調管理には充分気を付けていただけたらと思います。

みなさんにとっての1月はどうだったでしょうか?JCの組織は、前年の8月から動きだしていますので、5ヶ月間の予定者(準備)段階を踏まえ、心機一転スタートを順調に切らさせていただいたのではないでしょうか。

さて、2月を別名如月とも申しますが、由来としては、「寒さで着物を重ねて着ることから『着更着』」説が有力だそうですが、その他で「草木が生えはじめる月で『生更木』」の説もあるそうです。

さあ、今年は暖冬ということもあり、例年よりも暖かさの加減で、機は充分熟してきているのではないでしょうか。予定者段階で考えてきたことを大いに生えさしていこうではありませんか!!

別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
新年あけましておめでとうごさいます。
2007-01-01 Mon 00:00
新年あけましておめでとうございます。
謹んで新春のお慶びを申しあげます。               

(社)栗東青年会議所は

「大切にしようこの時を 創り出そう大切な笑顔を」

のスローガンのもとメンバー一同邁進していきます。絶大なる御支援御協力を宜しくおねがいいたします。

今月は、メンバー向けの事業となりますが、

1月11日 多数の御来賓をお招きさせていただいて、2007年度(社)栗東青年会議所の方向性知っていただき、今後の我々の活動にご理解、ご協力いただけると願い「新年賀詞交換例会」開催させていただきます。是非とも多くの方と親睦を深めていただき、本年の活動、運動の糧としていただけたらと思います。

1月19日~21日 毎年恒例の「2007年度京都会議」が開催されます。是非とも総勢22名の出向者のご支援を宜しくおねがいします。そして、多くの学びを得に国際会議場に足を運んで下さい。きっと、今までと違った何かを感じることが出来ると思いますので。

さて、このブログ、僕が見聞きしてきたこと、感じたことを飾らすに書きしるしていきたいと思います。お見苦しい点もあろうかと思いますが、一年間まめに更新をしていきたいと思っておりますのでお付き合いのほど宜しくおねがいいたします。

新年早々よりホームページの立ち上げまた、「みち」の発行にご尽力いただいた広報渉外委員会のみなさまありがとうございます。
別窓 | 月初めのご挨拶 | コメント:0 | top↑
| 言の葉・・・日々感じたこと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。